シルバー人材センター

お問い合わせ

しるばあ日記

2012年11月

綾部市菊花展 開催!


綾部市菊花展開催!

 

入賞作品
入賞作品(綾部市長賞)

    11月1日、「第19回綾部市菊花展」が開幕しました。会場はグンゼ博物苑。毎日、午前9時から11月4日まで開催。
 菊の香が漂う会場はいま、秋のやわらかい日差しに包まれています。所せましと並ぶ菊また菊。組鉢、盆栽、盆天などのほか、菊人形も出品されていて、菊花展の奥行きは広い。会場は出品作品ではちきれんばかりだ。

 

 

 西村綾部菊花会会長(87歳)は、「出品者は菊花展に合わせて菊の開花を調整します。
京都国体(昭和63年10月10日)が開かれた年には、約3000本余の菊花を一斉に咲かせ、綾部駅や旅館、選手の民宿先などに飾り付け、好評でした。忘れられない思い出です。」と語る。出品作品中、特に、組鉢(12鉢セット)では12鉢すべての菊を寸分の狂いもなく菊花展に合わせ一斉に咲かせることは容易なことではないという。加えて、厚物や管物等では、菊の配色などにつき出品条件もあり、組鉢は究極の菊遊び。うまく仕上がると日がな一日中、菊を眺めると言います。

 11月1日、午前10時から優秀作品に対する表彰式が行われました。表彰に先立ち、松本綾部市シルバー人材センター理事長、綾部市長が挨拶。続いて西村菊花会会長が「今年は昨年を上回る523鉢の出品があった。天候がよくアブラムシの発生も少なく生育は順調で良い出来栄え。」と話し、審査結果の講評を行った。
  審査の結果、最優秀 綾部市長賞の栄冠に耀いたのは田中ヨシ子さん(五津合町)。三本仕立て(組12本)の作品は実に見事なもの(写真)。優秀 綾部菊花会会長賞に岡田敏明(篠田町)さん、優秀賞に永井満里子(舘町)さんらが受賞。激励賞(三本仕立ての部)を受賞した四方清さんは「菊作りは1年がかり。落ち葉を集め、土作りから始まります。」と菊作りの難しさ、おもしろさを語る。

 

揃って記念写真受賞者の記念写真

表彰式終了後、入賞者がそろって記念撮影(写真)。菊栽培教室も開かれた。
折から、秋日和に誘われ、菊花展会場は一般客に加え、幼稚園児らで賑わった。

綾部市では昭和23年から15年間、毎年10月から1ヶ月間、綾部大橋(味方町)の付近で「綾部菊人形展」が開かれました。枚方の菊人形とともに近畿地方ではよく知られた菊人形。シルバー年代の者には忘れられない思い出となっています。綾部菊人形会場では同時に菊の品評会も行われていました。綾部菊人形の伝統が「綾部市菊花展」の源流と渡辺綾部市シルバー人材センター事務局長は強調する。

 老若男女、お誘い合わせのうえ、ご来場下さいと、シルバー人材センター菊花展担当者。

[余禄]  蕪村の句に”幕張って菊千輪の玄関かな”という家菊を詠んだものがあり、菊の栽培・鑑賞は江戸時代には庶民の間で流行していたようです。
 昨今では例年10月の声を聞くと、全国各地で菊花展や菊合わせが行われ、気品のある菊の香りが漂い、紅白の幕やヨシズが廻らされ会場は実に晴れやかなものです。日本人にはこのようにして菊を愛でる風があります。
 家菊はノジギクを改良し、古い時代に中国から伝わったといわれます。万葉集に菊を詠んだ歌がなく(古今和歌集が初出)、このころは皇室などの年中行事で菊を愛でることがあったようですが、菊遊びが庶民に定着するまでにはなお、千年以上の歳月を要しました。品種改良が進み、今ではすっかり菊は日本人の生活にもなじみ、菊花展(通常、品評会を伴う)は秋の風物詩となりました。(文責 シルバー会員M生)

 

  「第19回綾部市菊花展」受章者一覧

 優秀賞 綾部市長賞     田中ヨシ子   (組鉢)

 特別賞 綾部市長授与    松寿苑ケアハウス(菊人形)

 優秀  綾部市
        環境市民会議会長賞 岡田敏明 (盆栽)

 優秀  綾部菊花会会長賞  永井満里子(組鉢)
                    四方敦子 (盆栽)  
                      北原千鶴子(福助)  
                    大槻 清 (盆天)      
                    塩見信子 (その他)

 奨励賞 綾部市シルバー人材センター理事長
                    四方 清 (組鉢)
                        上原悦子 (組鉢)  
                    平田津由子(単体)   
                          藤田嘉一 (盆栽)  
                     四方美和子(盆栽)  
                    小林愛子  (福助)    
                    吉田和雄 (盆天)

日常生活お手伝いします 会員さんのお仕事情報 しるばあ日記 rss