シルバー人材センター

お問い合わせ

しるばあ日記

困った大木~便利なシルバー


困った大木 便利なシルバー人材センター

 いつの間にか30メートルにもなった我が家の柿の木。美濃柿の大木で、幹回り1.2メートル(目の高さ)。 昔は大きな実をつけ熟し柿にして食べていました。しかし四十数年間、留守にしている間に木は成長し、長い竿を使っても手に負えず、また晩秋になると降り積もる落ち葉に手を焼いていました。
 考えに考えて、目の高さほどに伐採し、切り株の新芽に期待を寄せることにしました。しかし、なにせ、くだんの大木。倒し間違えると農小屋などが全壊する恐れもあり、また思案投げ首。かつて通りがかりに、切りかけの大木にロープをかけ、パワーシャベルで引っ張って伐採したり、木の上の方から小刻みに切り刻んで伐採する現場をみたことがありますが、いずれも数人がかりの大仕事。
 資金の心配もあって柿の木の伐採を躊躇していたところ、シルバー人材センターに照会するとシルバー会員に伐採の専門家がおられるとのこと。早速、発注し現場確認をしてもらい見事、伐採完了。伐採後は適当な大きさに切り分けてもらい目下、整理中。万事うまくいきました!
 案ずるより産むがやすし、という諺があります。日常生活で困ったことがあれば、何でもシルバー人材センターに照会されるとよいのでは。分野分野の専門家(シルバー会員)がおられ、対応できる可能性も高いようです。

日常生活お手伝いします 会員さんのお仕事情報 しるばあ日記 rss