熱中症を予防しよう!


熱中症予防のために―予防と手当て―


熱中症がおこりやすいシーズンになりました。

熱中症は高温多湿な環境に長くいることで、体内の水分、塩分のバランスが崩れ、体内に熱がこもった状態をさします。野外だけでなく室内でも発症し、場合によっては死亡することもあります。

熱中症について正しい知識を身につけ、熱中症による健康被害を防ぎましょう!


<熱中症予防のために>


  • 熱中症の症状:めまい、立ちくらみ、筋肉のこむら返り、頭痛、吐き気、虚脱感など⇒重症になると意識消失、けいれんなどからだの変化がおこります。

 ポイント1 暑さを避ける

  • 室内では、室温をこまめに確認し、扇風機やエアコンで温度調節を行うなど。

  • 屋外では、日傘・帽子の着用、日陰の利用、日中の外出を避けるなど。

  • からだの蓄熱を避けるため、通気性の良い、速乾性のある衣服を着用したり、保冷剤、氷、冷たいタオルなどでからだを冷やす。

 ポイント2  こまめに水分を補給する

  • 室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分、塩分などを補給する。


<熱中症が疑われる人を見かけたら>  ポイント1  涼しい場所へ避難させる、からだを冷やす、水分を補給する。


 ポイント2  自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!


 ※詳しくは、厚生労働省ホームページ「熱中症関連情報」をご覧ください。

公益社団法人 綾部市シルバー人材センター
〒623-0053 京都府綾部市宮代町明知11番地4 

TEL.0773-42-9030 FAX.0773-42-9029 E-Mail: ayabe@sjc.ne.jp

Copyright © 2012 AYABE CITY SILVER HUMAN RESOURCES CENTER. All Rights Reserved.