熱中症を予防しよう!


熱中症予防のために―予防と手当て―


熱中症がおこりやすいシーズンになりました。

熱中症は高温多湿な環境に長くいることで、体内の水分、塩分のバランスが崩れ、体内に熱がこもった状態をさします。野外だけでなく室内でも発症し、場合によっては死亡することもあります。

熱中症について正しい知識を身につけ、熱中症による健康被害を防ぎましょう!


<熱中症予防のために>


  • 熱中症の症状:めまい、立ちくらみ、筋肉のこむら返り、頭痛、吐き気、虚脱感など⇒重症になると意識消失、けいれんなどからだの変化がおこります。

 ポイント1 暑さを避ける

  • 室内では、室温をこまめに確認し、扇風機やエアコンで温度調節を行うなど。

  • 屋外では、日傘・帽子の着用、日陰の利用、日中の外出を避けるなど。

  • からだの蓄熱を避けるため、通気性の良い、速乾性のある衣服を着用したり、保冷剤、氷、冷たいタオルなどでからだを冷やす。

 ポイント2  こまめに水分を補給する

  • 室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分、塩分などを補給する。


<熱中症が疑われる人を見かけたら>  ポイント1  涼しい場所へ避難させる、からだを冷やす、水分を補給する。


 ポイント2  自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!


 ※詳しくは、厚生労働省ホームページ「熱中症関連情報」をご覧ください。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021あやべ由良川花壇展中止のお知らせ

4月29日(木・祝)から5月3日(月・祝)まで開催予定の「2021あやべ由良川花壇展」ですが、この度、緊急事態宣言発令に伴い、今年も中止とさせていただきます。 出展いただきました花壇は6月末まで展示しておりますので是非ご覧ください。 各受賞者は後日ホームページにてご紹介しますと共に、賞状、副賞は個別に授与させていただきます。