いかだかい

「いかだかい」は、シルバー人材センターの会員が、センターの自主・自立・共働・共助の精神に基づき、会員相互の連帯とふれあいの中から、生きがいを通じる親睦を図ることを目的として、発足した会員親睦会です。
「いかだかい」という名前の由来は、木材を下流に運ぶ場合、何本もの材木を並べて、これを結び合わせたもの(舟の代用)が「筏」だった事から、会員同士が共働、共助の精神で手を取り合って仲良く運営すべきだとの考えに重ねて「いかだかい」と名付けられました。正式名称は漢字の「筏会」とするよりも平仮名の「いかだかい」としました。

3つの倶楽部・同好会

 現在3つ同好会があり、会員同士の交流の中から絆を深めています。
 

【シルバーグラウンドゴルフ同好会】
 活動場所 清山荘(里町)  例会を年6回開催 会員数38人
 参加費600円/回(食事別)
 PR プレーを楽しんで親睦とコミュニケーション等をはかり楽しんでいます。

 

【シルバーカラオケ同好会「絆」】
 活動場所 清山荘(里町)  例会を年5回開催 会員数26人
 参加費1,050円/回(食事込)
 PR 歌う事で元気をもらい、脳を使う事で認知症の予防にもなり楽しんでいます。

 

【シルバー囲碁・将棋・麻雀同好会】
 活動場所 綾部市市民ホール(宮代町)  例会は毎月第2土曜日 会員数26人
 参加費100円/回(食事なし)
 PR 指先の運動や脳を使う事で認知症の予防に効果があります。
 
同好会のほかに、研修旅行やグラウンドゴルフ大会を行い、親睦を深めています。

いかだかいは、シルバー人材センターに入会されますと同時に、いかだかい会員として入会していただきます。

会費 年額600円